急性期病院への転職

一般的に急性期病院の方が慢性期病院に比べると仕事の量が多く、経験することが出来る看護の種類に関しても非常に多いと言われています。
とにかく忙しいというイメージが強い急性期病院ですが、逆にこの忙しい仕事が看護師としてのスキルアップにつながるとも言われています。

 

忙しい急性期病院ですが、以前に比べると看護師配置が増え給与などの待遇も良くなってきているそうです。

 

また、病院によっては看護師のスキルアップに対する支援を行っているケースも多く、新人看護師だけではなく中途採用の看護師も大変多くなってきているそうです。
病院側でもより専門性のある看護師に働いてもらいたいという気持ちもあるため、看護師のスキルアップに対しては積極的だと言われています。

 

そのため、急性期病院は現在幅広い年齢層の看護師が働き、それがさらにさまざまな年代の看護師にとっていい刺激になり、働いているだけでも確実にスキルアップにつながる職場を形成していくという良い職場環境が生まれていくようです。
スキルアップを目指すのであれば、看護師のスキルアップに積極的な急性期病院がおすすめです。