病院外来への転職

病院の外来看護師の求人状況は、求職者も多く実は狭き門になっているケースもあるようです。

 

外来勤務の場合には、夜勤などがないケースも多く、さらに土曜日は午後は休診、日曜・祝日は休診といったような条件の良い求人が比較的多いと言われています。
また、外来看護師の場合には病棟看護師に比べて残業なども少なく、プライベートと仕事の切り分けを行いやすいということも人気がある理由になっているようです。

 

これは総合病院のような大きな病院だけではなく、個人経営の小さなクリニックなどで特にこの傾向が強くなっています。

 

病棟勤務の看護師であれば盆暮れ正月も関係なく勤務シフトが組まれますが、個人経営の小さなクリニックの場合には盆暮れ正月は休診になることも多く、サラリーマン並みにプライベートと仕事の切り分けが可能で休みもしっかりとることが出来るそうです。

 

ただし、このような働き方の場合にはスキルアップというのがやや望めないというデメリットもあると言われています。
また勤務自体は病棟勤務の場合に比べて少人数で仕事をこなさなければならないため、ある程度経験が豊富で看護のさまざまな仕事をこなす必要があるそうです。